大規模修繕・防水工事・外壁改修工事名古屋の重喜防水工業へお任せください

防水・外壁補修・塗装・シーリング、大規模修繕・改修工事のお問い合わせはこちらから 重喜防水工業株式会社のリクルート情報
防水、外壁補修、塗装、シーリングなど大規模修繕・改修工事は重喜防水工業にお任せください
 
 施工内容
   風雨・炭酸ガス・その他要因によって、屋根や外壁が劣化し老朽化が進むと、建築物の耐久性が低下してしまいます。そこで、供用している建築物の耐久性の低下を抑制して寿命を延ばし、財産価値を保つためには修繕が必要です。安全に、きれいに、快適に建築物を保つためにも、修繕を行うことをお奨めします。  
大規模修繕工事の主な修繕内容は以下のとおりです。
 
  防水工事  
防水工事とは、「雨 ・ 風」などから建物の中に雨水や泥水、地下水などの侵入を防いだりするための工事です。防水機能が低下することで、建物の主要な柱の腐食や屋内への浸水につながり、様々なトラブルを引き起こす原因となりかねません。 その工法には様々な種類があり、その部分や状況によって工法を変える必要があります。
 
アスファルト防水
屋上などの水平な屋根(陸屋根)に施されるので、アスファルトを合成繊維に含ませたルーフィングというシートを何枚か重ねて防水層を形成します。日射や人の歩行から防水層を守るために薄いコンクリート層をその上に載せるのが一般的です。
ウレタン防水
複雑な形状でも比較的簡単に施工でき、シート防水に比べつなぎ目の無いシームレスな塗膜で美観に優れるなどの特徴があります。改修時に建物の傷み具合や利用方法に最適な防水幕を施工することでき改修工事用として需要が多い防水工法です。
FRP防水
FRP防水は防水工事の中でも軽量で頑丈な防水層を形成します。ガラス繊維にポリエステル樹脂をしみこませていき、繊維と樹脂が一体化となり強力な防水膜をつくります。屋上などで真夏に強い紫外線にさらされたり、冬場の低温や真夏の高温にも十分に対応できます。
シート防水
伸縮性に富んだシート(ゴム系・塩ビ系)を使用するので、建物の伸縮に追従性する優れた防水材料と言えます。但し、防水材がシート形状のため、どうしてもつなぎ目に重なる部分が生じることと防水下地の平滑さが必要となります
  外壁補修工事  
見た目を綺麗にするだけでなく、コンクリート躯体の保護する機能が重要です。外壁仕上げ材が劣化すると、「美観 ・ 資産価値 ・ 住み易さ」の問題だけでなく、コンクリートの塊やタイルが落下し、人命を奪う可能性もでてしまいます。雨水浸入による鉄筋の腐食等で発生した亀裂・欠損・爆裂状態の脆弱した箇所を、脆弱の度合いに応じてエポキシ樹脂の注入や軽量モルタル成形を施します。
 
注入工法
外壁がモルタル仕上げの場合、仕上げモルタルと内部の鉄筋コンクリート構造体との間で浮きが発生することがあります。また、鉄筋コンクリート構造体の仕上げ精度によってモルタルの仕上げ厚が変わってくる為、この時の塗り重ねによって塗り層間にも浮きの発生が 見受けられることがあります。これらの現象に対しては、浮きの空洞部分に、エポキシ樹脂接着剤を注入し、仕上げと構造体を一体化させます。
ひび割れの補修工法
コンクリート打ち放し仕上げの外壁表面に発生する劣化の中でも、特にひび割れは雨水の浸入によって中性化の促進や鉄筋等の金属の腐食を進行させるなど、早めの処理が必要です。ひび割れの規模や程度によって適した工法を選択します。
充填工法
モルタル仕上げの外壁は、風化や雨水の浸入などによって弱った部分の剥離や、浮き の劣化促進によってモルタル層が剥離するほか、鉄筋や手すりなど埋設金物の腐食による押し出しなどモルタル層の欠損とコンクリート構造体の欠損をともなう場合があります。
ピンネット工法
一般的なピンニング工法に比べピンの本数が少なくてすみ、浮き部への注入をしないので 経済的です。また、特殊モルタルとガラス繊維ネットを使うことで、モルタル層が補強され耐久性が高まります。
  塗装工事  
外壁塗装とは、約5〜10年毎に再塗装が必要になります。塗装には美観の目的だけでなく、外壁や屋根を劣化の原因から保護し、水の浸入を防ぐ役割があります。建物をコーティングしている塗膜が、紫外線・強風・サビなどからの劣化、退化を防いだり、雨や湿気をはじき、水分やカビが壁の内部に浸透するのを防ぎます。
 
アクリル樹脂塗装
比較的安価で表現でき、色が豊富です。耐候性、耐薬品性、耐汚染性に優れ、バランスのとれた性質になっています。
ウレタン樹脂塗装
耐候性などでアクリル塗装より優れ、現場での補修も容易にでき、コストパフォーマンスに優れています。
シリコン樹脂塗装
超耐久、超低汚染性、防カビ、防藻塗料でウレタン樹脂よりさらに高い性能があります。
光触媒塗料
防汚染(防カビ・防藻性も含み)が優れておりますが、価格が高いのが難点です。
フッ素樹脂塗装
耐食性、耐薬品性、耐汚染性、耐候性、耐熱性などの諸性質が他より優れています。
  シーリング工事  
シーリング材自体は練り歯磨き状の弾力性のあるもので、建物の外壁は窓サッシやパネル(金属やコンクリート)で構成されており、それら部材と部材の間には隙間(=目地)があり、この隙間から建物内部への雨水の進入や外気が流入してきます。これらを防ぐための隙間を埋めるのに、シーリング材という不定形材料を充填する技術がシーリング防水です。
 
 
アクリル系
アクリル樹脂を主成分とする1成分エマルションタイプのシーリング材。乾燥は早いが未養生のモルタル面には使用できない。コンクリートやALC板、石材などの多孔資材料には使用できる。
シリコーン系
ゴム状シリコンを主原料とする不定形の弾力シーラント。接着性や耐候性、耐薬品性などの優れる高性能シーリング材であり、タイル目地やサッシガラスの取り合い部分などに使用される。
ウレタン系
ポリオールとイソシアネートとのプレポリマーを基材とし、カーボンブラックやチタンなどの充填材を混入して作られる不定形の弾性シーラント。優れた修元力をもつ弾性体で、PC板やALCの目地処理に使用される。
ポリサルファイド系
多硫化合成ゴムを主原料とする、不定形の弾力シーラント。被着体との接着性や耐候性、耐水性に優れ、ほとんどに被着体に適用できるが、可使時間や硬化時間が温度に対して敏感であるので注意が必要である。

問い合わせ
   
 
Copyright (C) 2006 JUKI BOUSUI. All Rights Reserved.
トップ | 企業情報 | 修繕 ・ 改修 | 施工事例 | お問い合わせフォーム | リンク一覧 | 採用情報